中高年向けの出会い系サイト紹介・体験談、ギャル・人妻・熟女風俗嬢の紹介など、夜遊び情報をご案内! 

中高年向けの出会い系サイト紹介・体験談、ギャル・人妻・熟女の紹介など、夜遊び情報をご案内!

はつらつED(勃起不全)考察

わが国の31~79歳の男性のうち、1130万人はED(勃起不全)で悩んでおり(1998年・日本性科学情報センターの疫学的調査)、40代では5人に1人、50代以上では約半数がEDである、という割合になるそうです。
この数字を見ると、EDは決して特殊な病気ではないということがわかります。
今回はそんな身近なEDについて考察していきたいと思います。

ED●EDとは?
erectile dysfunctionの略。勃起不全。インポテンツ(ドイツ語)。
性交時に充分な勃起が得られない、あるいは充分な勃起を維持できないため、満足な性交が行えない状態のこと。

●日本のED患者総数
ときどき性交ができなくなる「中等度ED」患者は約870万人、常に性交できない「重度(完全)ED」患者は260万人いると推計される(日本性科学情報センター調べ)。

●EDの要因
器質性EDと心因性(機能性)EDに大きく分けられるが、大半のケースは器質性と心因性要因が入り交じった混合性EDとされている。
◎器質性ED:血管系、神経系、ホルモン系、陰茎海綿体などの異常、病変、事故などによる損傷など。
◎心因性ED:ストレスやコンプレックスなどさまざまな精神的要因。
◎混合性ED:器質性と心因性両方に起因。

EDの90%は高血圧、高脂血圧、糖尿病などの生活習慣病と深く関わっており、喫煙、飲酒、食生活、運動不足などの生活習慣がEDを併発させやすい。

●加齢によるEDの要因
性的な刺激によって神経から勃起の信号を送り、陰茎の血流がよくなって勃起をおこす。その性的刺激のもととなるのがテストステロンという男性ホルモンで、30代から減少しはじめるとされる。くよくよしやすい人や、ストレスがたまりやすい人などはこのテストステロンの減少速度が速いとか。何事もくよくよしないことが重要!?

はつらつ●軽度のED予防法は?
適度な運動を継続しておこなったり、生活習慣の改善や、ストレスをためないなどをこころがけること。テストステロンの分泌を促進するサプリメントなどを適度に摂取するのもおすすめだ。

●EDの治療法
上記のような努力を行っても改善されなかったり、手術が必要な重度のEDの場合は専門医に診断してもらおう。
治療薬としてはバイアグラや、昨年6月に日本でも発売となったレビトラなどが有名だ。心筋梗塞や狭心症、糖尿病などの病歴がなくても、投薬の際は必ず医師の指導のもと行うこと。

●EDと糖尿病の関係
血液中の糖が増え、血管に障害が生じる糖尿病は、さまざまな病気を併発しやすい生活習慣病。EDの直接の原因となることもある。食餌療法と適度な運動を心がけ、処方されている薬をきちんと服用して悪化させないこともEDの予防につながる。

それではEDに関するおすすめのサイトをいくつかご紹介します。

●ED参考リンク
ためしてみよう通院シミュレーション
EDネットクリニック

男性ホルモンを補充する
google「テストステロン サプリメント」検索結果

くよくよしないで前向きに! その1
風俗店情報「よるともネット」

くよくよしないで前向きに! その2
ご近所のギャルと無料で出会おう!「恋するご近所さん」

くよくよしないで前向きに! その3
人妻AVで元気を取り戻せ!「人妻 淫欲の午後」[3/4]


「勃起しないのはなぜ?」などとお悩みの方は、今すぐ病院で診てもらいましょう。
恥ずかしがっていては、いつまで経っても勃ちません。「1130万人の仲間がいるんだ!」ということをどうぞお忘れなく

そしてまったく悩んでいない方は、これからも前向きに生活を送りましょう。
ストレスをためないこと、くよくよしないことがEDにとっては大事なのです。
copyright © 2005-2018 中高年の夜遊びガイド all rights reserved.